発酵食品について考えてみる

現在販売されている酵素ドリンクは、私たちの体に有用な酵素を得るために、
野菜や果物、野草などを熟成発酵させ、それらを飲みやすくするために、
天然水や甘味料、シロップなどを加えて作られています。
中には天然水すら加えずに、熟成発酵させたエキスのみで添加物は
一切ありません、という商品もあります。

ではまず、この発酵って何だろう?と考えてみましょう。
簡単にいえば発酵とは、「腐る」ことですね。腐るというのは、
食品にかぎらず、さまざまなものが微生物によって分解されることをいいます。
腐ったらもの食べたら体によくないじゃん。って話になりますね。

だけど腐るにもいろいろあって、
人間にとってよくない結果をもたらす場合が「腐る」であって、
よい結果をもたらす場合は「発酵」となるわけですね。
よく知られているところでは、味噌や醤油、納豆、漬け物、あと日本酒なんかも、
日本における発酵食品の代表ともいえますね。
特定の微生物の働きによって、結果としておいしい食品に発酵されたものです。

添加物無添加のほうがいい?

そして、酵素ドリンクの場合は、上に挙げた発酵食品ほど、
原料や微生物が限定されておらず、製品によってさまざまな製法で作られているわけです。
なので、そのまま飲んでもある程度おいしいものや、
さすがに甘味料やシロップなどで味を調えないと飲みにくいって言う場合とあるわけです。

健康食品という視点からみると、添加物無添加っていうほうが、
イメージ的には、体に良さそうですけど、飲みやすくするために
加えている場合がほとんどですから、そこまで神経質にならなくてもよいのかなと思います。

まあ、どうしても無添加でないと、というこだわりのある場合は、
もちろん無添加を選ぶことになりますが、その分お値段的には高めである場合も多いです。
このあたりは、ホントそんなに気にしなくても良いのかな?と思います。